FC2ブログ

めがね日記

FGOのガチャ結果とかトライエイジの開発とかそんな感じ?でも基本的にお買い物記録ー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

true tearsご来城記念ファンイベント

この日をどれほど待ち望んだことか…

てな訳でレポらしき物を書いてみます。

ただし、歳のせいか物覚えが少し悪くなってるため違うことも書いてしまうかもしれませんがその辺はご勘弁をw


会場に到着したのが大体9時30分ぐらいでした。

向かってる途中に城端駅をチラッと見たのですがノートの場所に数人いたのでノートはこっちにあるのかな?など思いました。(実際はわかりません)

駐車場の方はじょうはな座の前の所はほとんど埋まっていましたが庁舎の横にある駐車場に停めるよう係員さんの指示があったので結構近い場所に停められたので良かったです。

隣にはtrue tearsのペイント、もしくはステッカーされてるコペンが停まっててオーナーの方が写真をお願いされてました。(私もお願いすればよかった…)

で、会場の方へ行ってみるとまだ開場されてなくお客さんは外で待ってました。

会場外

(携帯のサイズ320×240にしてた(´Д⊂)

丁度松の木?辺りまで囲いがしてあり、白いテントの所でチケットの確認をするようです。

そして囲いのスペースには休憩できるように長いすやパラソルとテーブルなどが配置されていて仲のいいグループの方々が談笑されてました。

やはり、その中にはテレビカメラやリポーターの方も…

予想通りですw

しばらくして開場となりお客さんが中へ入っていきます。

私はしばらくその様子を見学してました。


そして人の流れも落ち着いてきたので入場することに。

送られた封筒とチケット、それと身分証明の免許証を渡して入場パス、案内プログラム、アンケート用紙をいただきました。

パスは首からぶら下げるタイプなので一目でわかりますね。

この辺はさすがだな~と思いました。

映画の半券みたいな物だと面倒くさくて仕方ありませんし。

あと、このチケット受付の方が着物を着てらっしゃったのは驚きました。(上に羽織るハッピみたいな物を着ておられる方が大半でしたが)

今日は結構暑いのに…

でもそれがすごく城端らしいです。


中へ入ってみると…

ようこそ「じょうはな座へ」

メインヒロイン3人のパネルがお出迎えしてくれました。

右側の方では手荷物(リュックとか)などを預かってました。

この辺も考えておられますね。

やはり荷物等があると邪魔になりますし背中に背負っていたらその分並んでる時に一人分場所を取ってしまいますから…

あと左側(受付窓口がある方)では城端のお土産を販売されてました。

チラッとしか見てないのでわかりませんがTシャツやポストカード、その他色々あったと思います。


そしてホール内へ。

私の席は4列目だったんですが、ステージからパネェほど近いです。

しかも1列目自体がなく、2列目から客席となってるため実質3列目とかー

そして2列目は多分関係者の方が座っておられてたので更に良席になってます!

マジッすか…

2次抽選でこんな良席でいいんでしょうか?

もう一生分に近い運を使った感じがしますw

会場内ではtrue tearsの音楽が流れています。

来るまではあんなに緊張してたのですが何だか心が落ち着きました。

アブラムシの曲がかかった時はちょっと拍子抜けしましたがw

で、チケットなど色々整理していると後ろの方達が「今日はどこから?」、「東京からです。」などと積極的に交流されていて会話が弾んでいたのでこれは自分も隣の人に話しかけなくては!と変に対抗意識を燃やしてしまいましたw

それで右隣の方に「今日はどちらから?」と同じ質問をw

すると富山の方でしたw

その方は氷見の方らしく例のバス停の近くに住んでいらっしゃるようで、この作品のおかげで住んでる場所が聖地になったと笑ってらっしゃいました。

その方の隣の方も聞いてみると富山の方でこの辺地元率たけぇー!と思いました。

で、抽選はどちらで当選したのか聞いてみると全員2次とかw

これは何かの陰謀ですか?

左隣の方もいらっしゃったので同じ質問をしてみると山梨の方で1次で当選されたそうです。

う~ん県外の方もいらっしゃってちょっと安心。

しばらくするとtrue tears応援ブログであるテトラポッドの裏のヤドリカさんがご挨拶に来てくださいました!

実は前日にお話出来れば…とやり取りをしてはいたのですがお会いできて良かったです。

開演前であるのと、ヤドリカさんが多忙な為そこではご挨拶程度となりましたがw(まぁその後はお昼と帰りに一言交わしただけだったり…)

機会があればもうちょっとゆっくりお話したいです。


そしてベストエピソード上映会が始まりました。

全部で6話です。

上映されたのは1、6、7、10、11、13話。

11話まで上映されて午前中は終了です。

ここまででちょっと気になったのがホール内の気温。

ちょっと寒かったように思います。(まぁ個人的意見ですが)


そしてお昼ご飯です。

パスのケースにお弁当の引き換え券が入っています。

これでお弁当と交換。

でもその前にこのファンイベント記念のテレカが販売されると言うのでトイレした後に列に並びますw

true tears1種とCANAAN2種。

私はtrue tears1点のみ購入しました。

この際チケットを表示しないといけないらしく、ここでも徹底してらっしゃいました。

お弁当は今回特別にホール内で食べてもいいので私はホール内で食べました。

でも多くの方は外に出て食べられてたみたいです。

お弁当

中身撮るの忘れた…

ちなみにおしながきがこちらー

おしながきー

(おしながきはクリックで若干大きくなります)

多分他の方がブログでUPされてると思いますのでそちらを御覧下さい(ちょー他力本願でスイマセン)

実はこのおしながきにはちょっとした秘密があったのですがまた後程…


お昼休憩も終わり上映会再開です。

最終話…

一度テレビで見ているとはいえ、この巨大なスクリーン、そして素晴らしいストーリー!感動しない訳がありません。

もう感極まりました!

そして上映終了後、盛大な拍手が会場に響き渡りました。

もうすでにこの時点で涙腺ヤバイです…

そこに割って入ったのが石井さんの声w

すごくビックリしました!

隣の人も驚いてましたw

ここからは石井さんが司会進行でトークショー開始です。

中にはまこっつー!と叫ぶ方もw(私も叫びたかったですがやめましたw)

高垣さん、名塚さん、井口さん、岡田さん、西村監督登場です。

ただこの時マイクのコードが邪魔して歩きにくそうでした。

ワイヤレスでないのは何故だろう…

実は上映されたベストエピソードは今日の出演者さんが決めた物でした。

それで誰がどのエピソードを選んだかというと…


えっと、この辺からは覚えてることは出来るだけ思い出して書きますがちょっと記憶が曖昧なので間違っていたらごめんなさい。


第1話は岡田さん。

やはり上映の最初は1話だろうとの事で選ばれたようです。(多分これが理由だった気がするんだけど)

この時色々製作時の裏話が聞けたのは良かったです。

まぁ西村監督がちょっとここでは書けないような事も発言されてましたがw

ここで書けるような事を少しあげると岡田さんに俺達の好きな事が出来ると連絡して、原作は全く関係ないもののタイトルのイメージは尊重しようと窘められたりとか…

脚本書いて岡田さんに見せたら駄目出しもらったとか…多分そんな感じだったと思うんですけど…


第6話は名塚さん。

眞一郎に兄妹かもしれないと思わせるあのシーンの後の『言っちゃった…』という台詞が印象に残ってたようです。

あのシーンの後、あんな台詞言っちゃうなんて比呂美凄い!と仰ってました。


第7話は高垣さん。

眞一郎から逃げるシーンで手を掴まれて逃げないと言って手を離したらまた逃げようとする時にまた手を掴まれた時の『ふぎゅ』(こんな発音だったかは定かではないですが…)という台詞が普通に出てきた事。

あと4話ぐらいまでここはこういう気持ちでとか乃絵だったらここはどう思うか?など考えて演技してたけどこの辺から自然に演技できるようになったと。

う~ん多分こんな感じ…


第10話は西村監督。

実は名塚さんと被るんではないかと心配されてたご様子。

でも名塚さんが選んだのは第6話…

名塚さんの事をわかってるようでわかってなかったとw

まぁ実際名塚さんもどちらにしようか悩まれたそうです。

他の方もこの話数で一つを選ぶのは難しかったみたい。

監督はやはりあの比呂美を追って自転車でトラックを追いかけるシーンは外せないだろうとの事でした。


そしてここでこの10話のシーンに流れていた挿入歌『そのままの僕で』を手掛けたeufoniusのお二人が登場です。

それでライブの前に少しトークがあったのですが、この『そのままの僕で』はまさにこのシーンの為にだけ作られた物で、CDに入れる時に2代目もという訳にはいかなかったそうです。

本当にこの曲はあの映像あってのものだと仰ってました。

結局ライブはそのままの僕でとリフレクティアの2曲でしたがとても良かったです。

やはり生での演奏や歌声は違いますね。

何というか、すごく気持ちが穏やかになりました。

この後はまた先程のメンバーが登場しましてアブラムシの歌の話題に。

それでこの曲はeufoniusの菊地さんが実は10分で作られたと言う事実がw

みんな驚きですw

あとこのアブラムシの歌を実はオーディションでメロディがない状態で乃絵役候補の方全員に歌ってもらったとか…

乃絵役受けた人大変だと言うお話もありました。

そしてレコーディングのお話。

実は最後の合唱の部分はそこのスタジオのミキサーさんやスタッフの皆さんだとかw

何というか裏話多すぎww

それで何故か会場みんなでこの歌を歌う事に…

これは西村監督の案で今日着いたら出演者の方も聞かされたそうですw

その後はみんなで大合唱しました。


この後はエピソードトークの続き。

第11話を選んだのは井口さん。

この話であいちゃんと三代吉が仲直りするのでという事でした。

実際井口さん本人も眞一郎より断然三代吉派だったようでアフレコでも何度も言ってたようです。

そして先程三代吉の名前を西村監督が忘れてた事もあり、お冠の様子w

監督の方は当時、三代吉とあいちゃんの事で出演者の方にプレッシャーをかけられてたそうです。

「あいちゃんと三代吉どうなるんだろうねー」と始まり、次第には「あいちゃんと三代吉うまくいきますよねー」と追い討ちをかけるようにw


ここでeufoniusのお二人と公式ブログでもおなじみナガッチョさんが呼ばれました。

何が始まるのだろうと思っていたら南砺市からの重大なお知らせとか。

そこで石井さん、なんと、南砺と言ったのでみんな突っ込みまくりですw

石井さん「違う!」と全否定です。

いや、分かってますが…

改めて石井さんって弄られキャラだな~と思いましたw

もう滅茶苦茶w

落ち着いた所で続きを言おうと思ったところにナガッチョさんが石井さんに自己紹介させてと突っ込まれてましたw

そして南砺市長の田中幹夫さん登場です。

その重大発表とは…

true tearsを南砺市の観光大使にー!(多分観光大使だったとw)

高垣さん自称じゃなくなったと喜んでますw

そして出演者の方に委任状?が手渡されました。

確かここでだったと思うんですが…ん~委任状渡される前だったかな?

ちょっと忘れましたw

で、ナガッチョさんが石井さんにこの気持ちをラップでとw

まさかのラップキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

なんて素敵な振りw

テーマは南砺市と観光大使ー

もしかしたらラップあるかなーと思ってたら本当にあったw

石井さん「この辺、火傷するよ」と一応注意してます。

もう、ここはみんなノリノリですww

これはここでしか味わえない妙な一体感を感じました…

っていうか笑いすぎて涙出てたので一緒にtrue tears!と叫べませんでした。


この後は去年の城端での水害の映像を見ました。

初めて見たのですがここまで酷い物とは思ってなかったので反省です。

この災害での復旧のためのオークションです。

出品されたのは去年の冬コミで販売されたラジオCDが3枚、タペストリーがう~ん多分5本?(出演者サイン入り)

そして今回のメインはキャラデザ関口さんの描かれたヒロイン3人のイラスト色紙に各声優さんのサイン入りの物。

まぁどれだけで落札されたかは書きませんが…

ルールとしては同額の場合声優さんとジャンケンで勝てば落札です。

オークションも終わりですがここでナガッチョさんからサプライズのプレゼントがー

先程のおしながきの中に一枚だけ雷轟丸の竜田揚があってその方には何だっけな~何やらグラフのイラストのパネルがプレゼントされました。

そしてここで出演者の方のトークも終了。

それぞれのご挨拶がありまして舞台袖に帰られました…


そして最後のプログラム、CANAAN第1話の上映です。

さすがP.A.WORKS、素晴らしい映像でした。

ちょっと見ただけなので分かりませんが世界観とかはちょっと難しそうでしたね。

一応こんな感じですかね。

終了後は早々と帰宅しました。

また帰る途中城端駅を見てみるとやはり何人かいらっしゃいました。


長くなってスイマセン…

間違ってたらスイマセン…

それにしてもこれ書くのにえらい時間かかったよー

戦利品


出演者の皆さんそしてスタッフ並びに関係者の皆さん、そして城端の皆さん本当にお疲れ様でした、そして本当にありがとうございました。

おかげさまで生涯忘れられない思い出となりました。

本当に夢のような時間でした。

| 城端 true tears関連 | 00:07 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

詳しいレポート乙です。
ほんとに詳しい!
当方はレポそっちのけでイベントを楽しませて頂きました(笑)

少しの時間でしたがお会いできて良かったです!
またご縁があればそのときは宜しくお願いします。

| ヤドリカ | 2009/07/06 00:36 | URL | ≫ EDIT

お疲れ様でしたー
私の方こそお会いできて嬉しかったです。

レポの方はなるべ詳しく書いたつもりなんですが今おこぜさんのブログ見てみるとそちらの方が更に詳しく書かれてました。
私の方はラップのくだりが順番違ってたみたいです。(まぁ直しませんがw)

また機会があればゆっくりお話したいですね。

| めがねきらり | 2009/07/06 01:11 | URL | ≫ EDIT

おつかれさまでした

こんにちは、隣の痛コペンです(w

自分もレポート書いているんですが、息切れしてきました(W

ところで、当たり前のことではあるのですが、皆さん必ず断ってからしか車の写真を撮られなかったですよね。
そういう当たり前のマナーを全員が守っていたというのはイイですよね

| 斬駆郎 | 2009/07/06 21:55 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございます。

イベントどうもお疲れ様でした。
まさか駐車場お隣の方からコメントいただけるとは思いませんでしたw

レポについては確かにあの内容を文章にするのは一苦労ですね。
でも他の方のレポ見ると喋られてた内容をそのまま書いてる方とかいてどんだけ記憶力いいんだよ!と思いましたよw

>そういう当たり前のマナーを全員が守っていたというのはイイですよね

そうですね、やはり一言声をかけるのは常識ですしね。
自分もその辺は注意しています。

もし、今度城端駅で会うような事があれば是非写真お願いしますw

| めがねきらり | 2009/07/06 22:31 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://meganekirari.blog50.fc2.com/tb.php/458-f827accd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT